◆長崎石田スポーツの中敷インソールのおはなし ①◆

◆長崎石田スポーツの中敷インソールのおはなし ①◆

国防を足元から支える長崎石田スポーツです。

ってなんでこのキャッチフレーズなの?って思う人は少なくないよね

これ言い始めた最初のころはいろいろ言われてましたけどね

最近はもう何も言われなくなった


​まずそこからお話ししようかね

自衛隊とのおつきあいが1998年から始まって23年くらい経ちますが

皆さんは何歳でしたか?私は32歳でした(笑)若かったんですねー

その最初のおつきあいは長崎県大村市にある大村駐屯地第16普通科連隊の持続走訓練隊に中敷スーパーフィートインソールをご紹介に伺ったのが始まりでした。

今はもうないけど茶色い本革製の半長靴に手を突っ込んで中敷を装着しまくりました。

そう確かに臭かったんです。酸っぱい足汗のにおいです。でも信用してほしくて毎日毎日半長靴に手を突っ込みました。そしてそのキャッチフレーズが生まれたのです。

「半長靴の中で目には触れないけれど国家国防をお支えしよう!」

「足の裏からではあるけれどもこの隊員たちを全力でお支えしようじゃないか!」

当時こそ「国防を・・・」と言ったら

「何を偉そうに!」とか「大きく出たねー」とか言われていました

それから23年

もう誰も文句も言わなくなったよ

2012年フェイスブックでSNSをはじめまして、 「国防を足元から支える長崎石田スポーツ広報室」(鍵垢)やTwitter、インスタグラムを開設してもキャッチフレーズはおなじ「国防を・・・」ですから(笑)

つづく・・・

閲覧数:195回0件のコメント

最新記事

すべて表示